浜松市の外壁塗装・住宅塗装【リアルペイント】

浜松市南区の住宅 |屋根からの雨漏り修理の施工事例

ご相談内容

1年程前に他社で屋根・外壁塗装を行われ、最近になって部屋の天井から雨漏りがするようになったとのことでした。
リアルペイントにご依頼いただく前にリフォーム会社2社に雨漏り修理を依頼したそうですが、雨漏りは止まらなかったそうです。

雨漏りの箇所にずっとバケツを置いて過ごされていました。

雨漏りの原因

雨漏り箇所の上の屋根を点検すると、すぐに雨漏りの原因が発覚。
雨漏りの原因は、こちらのお住まいの塗り替えをした業者が屋根を塗装した際に、屋根材が重なり合っている部分の隙間を塗料で埋めてしまったことでした。

屋根に降り注いだ雨水は、スレート瓦の重ね目の隙間を抜け出ることで、屋根内部に溜まらないようになっています。
しかし、重ね目の隙間が塗膜で塞がっていると、スレート瓦をつたって屋根内部に雨水が浸入し、雨漏りなどの原因になります。

リフォームジャーナルHPより

屋根材が重なり合っている部分の隙間を塗料で埋めてしまったことで、内部に閉じ込められた湿気が暖められて膨張し、下記写真のように塗膜を膨れてさせていました。
屋根全体的に塗膜が膨れており、下記写真のようにぷくぷくになっていました。

雨漏り修理工程

下記写真のように皮スキやカッターで塗膜を切り、屋根材が重なり合っている部分に隙間を作っていきます。(この作業を「縁切り」と言います。)

雨のち晴れの日に作業をしたのですが、縁切りをした部分からその日に降った雨水が沢山出てきました。
屋根内部に雨が溜まってしまっていた証拠です。屋根すべてに縁切りをした後は、「タスペーサー」(下記写真参照)を縁切りをしてできた隙間に入れていきます。
これは、縁切りをして出来た隙間が再び埋まってしまうことのないように、より確実な施工方法を選択しています。
これで完成です。

修理後の結果

修理後、強い雨が降った日の翌日にお客様に雨漏りの様子を伺うと、「ウソのように雨漏りが止まった!」と言っていただきました。
修理より1ヵ月が経過した現在も雨漏りは止まったままです。(この1ヵ月の間に何日か雨が降っています)

※お気をつけください

こちらのお住まいの雨漏りの原因は、こちらのお住まいの塗り替えを行った塗装業者の知識の無さが原因です。
さらに、今回と全く同じ原因で雨漏りをしているお住まいの雨漏り修理を何度も経験しています。(=知識のない塗装業者は少なくないです。)

家の塗り替え工事は決して簡単ではありませんし、安ければいいというものでもありません。
後悔をしてほしくないので、家の塗り替え工事(リフォーム工事)をご検討の際は冷静に考えていただき、信頼のできる業者にご依頼ください。

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly