浜松市の外壁塗装・住宅塗装【リアルペイント】

家の塗り替えは単なる塗装工事ではなく 「修繕工事」

家の塗り替えはただ見た目をキレイにするためだけの工事ではなく、家を守り、耐久性を高め、資産価値を下げないための重要な修繕工事です。

実際に塗り替えを行なっていないお家は時間が経つほどに傷んでいってしまいます。

家の劣化について

外壁塗装をしないと現れる劣化症状さらに劣化が進むと・・・

外壁内部の腐食

外壁の内部に劣化が生じます。雨などが外壁内に侵入する事で、さらに悪化していきます。
あまりにも進行が進むと、外壁塗装ではなく、大規模なリフォームが必要になる可能性があります。

家が傾く恐れ

木材部分まで腐食が及ぶと、家が傾く恐れも出てきます。また、家に隙間が出来ることで断熱性も低下します。

雨漏り

雨などが降った場合に、雨漏りをする可能性が高くなります。

このような劣化症状を修繕する、あるいは未然に防ぐために家の塗替え工事を行うのですが、それには知識としっかりとした適切な下地処理が必要不可欠です。

下地処理の重要性

下地処理とは、塗料を塗るまでに行う処理のことです。

高圧洗浄

ホコリや汚れを洗い流し、粉化した塗料を落とします。

下地補修

ヒビ割れにシーリングを充填、剥がれた塗料の除去、サビ止めの塗布などで下地を調整し塗料の密着を高めます。

下地処理をしっかりと行うことで塗料の本来の力が発揮され、塗料の性能を最大限に活かすことができます。

しかし、下地処理をしっかりと行ってない場合、塗料の力が発揮されないどころか、塗り替え後1年も経たない内に塗膜が剥がれてきてしまう等の初期不良が起こってしまう可能性があります。

下地処理は表面に出ない部分の作業ではありますが、表面に大きく影響する作業です。
必ずしっかりと丁寧に作業を行う必要があります。

こうしたひとつひとつ作業を確実に行っていくことで初めて「家を守るための塗り替え工事」と言えるのだと思います。

  • 家を守り耐久性を高めること
  • 資産価値を下げないこと

これらを目的に、家の現状からみて各箇所をどういった施工方法や塗料を使用することがベストなのかを見極め、お客様のお考えや家に最も適したご提案をいたします。

まずは見積もり依頼や無料相談から

見積もり(無料)のご依頼・無料相談・建物の無料劣化診断のお問い合わせなど、以下のお問い合わせ先よりご連絡ください。
担当は左記写真の稲森です。

お電話でのお問い合わせ
053-442-0585
受付時間 9:00-18:30(日曜定休)