浜松市の外壁塗装・住宅塗装【リアルペイント】

屋根&外壁塗装の手順

Step① 足場の設置


高品質な塗装工事を安全に行うために
お家の塗り替えの際に足場を組む目的は2点、「作業の効率を上げること」と「作業をする職人の安全性を確保すること」です。
また、足場にかけるシートも足場と同様に職人の安全を確保しつつ、塗料の飛散を防止する役割があります。

足場は塗装の工事期間中のみに必要で、当然、工事が終われば撤去するものなので高いと感じるかもしれませんが、お客様に高品質な工事をお届けするためと、職人の安全を確保するために、必要不可欠なものです。
ご理解をいただけますと、嬉しく思います。

Step② 高圧洗浄


丁寧な高圧洗浄で塗料の密着度を高くし、より耐久性を高める
高圧洗浄で外壁や屋根の古い塗膜、カビ、藻、コケ、汚れなど様々な汚れを落とします。
古い塗膜や汚れが付いたままの外壁の上にそのまま新しい塗料を塗っていくと、古い塗膜や汚れと一緒に剥がれてきてしまうので(古い塗膜には粘着力がなくなっている)、塗装後、時間がたいして経っていなくても剥がれてしまう、という不具合が起こりやすくなってしまいます。

Step③ 下地補修


目地・ひび割れ・塗膜の剥がれ・腐食した木部などの補修
下地補修は塗装が終わってしまえば見えなくなりますが、最も重要な工程です。
たとえば外壁のひび割れを補修せずに塗装してしまった場合、塗ったばかりの時は綺麗でも、少し経つとまたすぐにひび割れが出てきてしまいます。そしてそのひび割れをそのままにしておくと、そこから雨が徐々に内部に侵食し、外壁が腐食していきます。

家の塗り替えはただ見た目をキレイにするだけではなく、家を守り耐久性を高める「補修工事」です。
専門の職人がお家の状況を見て、最適な補修方法を行っていきます。

Step④ 下地調整


塗膜をより長持ちさせるための下準備
汚れやほこりを取り除いて表面をキレイにする、サビを取り除く、剥がれかかっている塗膜を落とす、わざと傷をつけるなどの作業を行うことで、より密着度が高くなり、耐久性があがります。
塗装後はこの下地調整をやったのかどうかはまったくわかりませんが、やるかやらないかでは、耐久性に大きく差が出ることになります!

Step⑤ 養生


養生の出来によって塗装の仕上がりが大きく変わってきます
外壁を塗り替えてキレイになったはずなのに、なぜか雑に見える時は、養生がいい加減な業者かもしれません。
養生テープを真っ直ぐに貼ることで、境界部分の塗装が真っ直ぐになるかガタガタになるかが決まります。境界がガタガタになっていると美しく見えません。後から直すこともできますが、手間になります。

テープを真っ直ぐ貼れば良いだけなので簡単に思われるかもしれませんが、壁はデコボコしていますので、思っているよりも難しいです。職人さんによって出来が変わってきます。

養生をする場所は、窓、サッシ、玄関、車など、塗装する部分の周辺にある物が中心です。きっちりとした業者は、床や階段、地面などあらゆる場所を養生します。養生の仕方によってその業者の信頼度もわかります。

Step⑥ 軒天塗装


外壁や屋根だけでなく家全体のメンテナンスを
軒天も外壁や屋根同様、雨風や紫外線にさらされていますので劣化します。比較的盲点になりやすい場所ですが、傷みがひどいと修繕に費用がかかるため、外壁や屋根と同じようにメンテナンスをしていくことが大切です。

Step⑦ 外壁塗装:下塗り


下塗りの大切な3つの役割
下塗りの役割は大きく3つに分ける事が出来ます。
1.上塗りを塗装面に密着させる為の接着剤の役割
2.外壁材が上塗り塗料を吸い込んでしまうのを止める役割(外壁材は上塗り塗料を吸い込む性質があります)
3.旧塗料の色が新塗料の発色を邪魔しないようにする役割
上塗り塗料をしっかりと密着させ、その性能を最大限に活かす為には、この下塗り塗料は必要不可欠です。

Step⑧ 外壁塗装:中塗り


ムラなく美しく仕上げるためと厚い塗膜にし耐久性を高めるための中塗り
中塗りではお打ち合わせで選んで決定した塗料を塗っていきます。
塗装面に厚みを持たせようとして一度に多く塗ってしまうと、塗料が垂れて仕上がりに影響したり、塗りムラが出てしまうことがあるので、中塗り・上塗りと工程が分かれています。

Step⑨ 外壁塗装:上塗り


最後の仕上げ
中塗りと同じ塗料を使い、ムラなどの塗り残しをカバーするようにきれいに仕上げていきます。2段階で色付き工程を行い、塗膜に十分な厚みを持たせることができます。
上塗りは見た目と耐久性を左右する重要な作業なので、美しい仕上げ塗りの技術を問われる工程になります。
この工程をきれいにすることで紫外線や雨などからの影響を最小限に抑えられ、汚れも付きにくくなり長期にわたって美しい家を保てるようになります。

ただ、全ての工程でしっかりと塗料が乾いていない状態で上から塗ってしまうと意味がなくなってしまいます。
塗料が乾燥しないまま重ね塗りをしてしまうと、塗料の密着性が弱まってしまい、耐久性を発揮できません。

Step⑩ 付帯部の塗装


最後の仕上げ
付帯部とは、軒天、雨樋、破風・鼻隠し、笠木、雨戸・戸袋、水切り、シャッター、配管など、外壁と屋根以外の部分のことです。(ここでは軒天は除きます)

付帯部の塗装には、一般的にもって6年程度の塗料が使われまることが多いです。(外壁や屋根に使う塗料より、ランクを下げて塗られます。)
しかし、外壁と付帯部に同じランクの塗料を使わないとすると、塗り替えてから数年経ったときに、外壁はぴかぴかなのに、樋は色褪せて雨戸はサビが・・・ということになってしまうこともありますので、リアルペイントでは付帯部の塗装にも外壁・屋根と同じランクの塗料を塗ることをお勧めしています。

Step⑪ ベランダ塗装


ベランダ塗装は外壁塗装とセットで行うとおトク
外壁塗装では外壁や屋根だけでなくベランダも同時に点検することができます。
ベランダやバルコニーも、外壁や屋根と同様に、常に雨や紫外線に晒されている箇所です。そのため、外壁や屋根と同時にベランダ・バルコニー防水工事を済ませておくことで、建物の耐久性をより高めることができます。

Step⑫ 屋根の塗装:下塗り


下塗りの大切な3つの役割
下塗りの役割は大きく3つに分ける事が出来ます。
1.上塗りを塗装面に密着させる為の接着剤の役割
2.外壁材が上塗り塗料を吸い込んでしまうのを止める役割(外壁材は上塗り塗料を吸い込む性質があります)
3.旧塗料の色が新塗料の発色を邪魔しないようにする役割
上塗り塗料をしっかりと密着させ、その性能を最大限に活かす為には、この下塗り塗料は必要不可欠です。

Step⑬ 屋根の塗装:中塗り


ムラなく美しく仕上げるためと厚い塗膜にし耐久性を高めるための中塗り
中塗りではお打ち合わせで選んで決定した塗料を塗っていきます。
塗装面に厚みを持たせようとして一度に多く塗ってしまうと、塗料が垂れて仕上がりに影響したり、塗りムラが出てしまうことがあるので、中塗り・上塗りと工程が分かれています。

Step⑭ 屋根の塗装:上塗り


最後の仕上げ
中塗りと同じ塗料を使い、ムラなどの塗り残しをカバーするようにきれいに仕上げていきます。2段階で色付き工程を行い、塗膜に十分な厚みを持たせることができます。
上塗りは見た目と耐久性を左右する重要な作業なので、美しい仕上げ塗りの技術を問われる工程になります。
この工程をきれいにすることで紫外線や雨などからの影響を最小限に抑えられ、汚れも付きにくくなり長期にわたって美しい家を保てるようになります。

ただ、全ての工程でしっかりと塗料が乾いていない状態で上から塗ってしまうと意味がなくなってしまいます。
塗料が乾燥しないまま重ね塗りをしてしまうと、塗料の密着性が弱まってしまい、耐久性を発揮できません。

【タスペーサーと縁切りについて】
雨漏りと内部結露を防ぐため、屋根の塗装の際には「タスペーサー」というものを使用するか、「縁切り」という処置を行う必要がある場合があります。
どちらの処置をどれくらいの範囲で行うかはそれぞれのお家の屋根によって変わってきますので、最も適した方法でご提案させていただきます。ただ、すべてにおいて必要かと言われればそうではないので、見積書にタスペーサーの項目がない=信頼できない業者ではないです。

Step⑮ 最終確認作業


塗り残しや拭き残しがないか、細かくチェック
丁寧に塗っていても塗り残しがある場合があります。最終チェックでは入念に見て周ります。
また、しっかり養生をしていても塗料のはみ出しや飛び散りはどこかしらにあるものなので、そういった場合はシンナーを使用し拭きとっていきます。

Step⑯ 完成


ご協力ありがとうございました!
塗装作業中は職人が常に家の周りにいることやお洗濯が外に干せないなど、不自由をおかけしましたが、お施主様やご近隣の皆様のご協力のおかげで、心と技を込めた高品質な工事をご提供することができます。

施工事例をご覧ください