浜松市の外壁塗装・住宅塗装【リアルペイント】

屋根塗装・外壁塗装工事の4つの保証

リアルペイントでは屋根塗装・外壁塗装の工事には4つの保証がつきます。
工事品質に自信を持っているからこそできる保証です。

【1】「塗膜の剥がれ・膨れを5年間」保証

施工完了後、塗膜の剥がれ、膨れが発生した場合、不具合が生じた部分を5年間無償にて補修いたします。(付帯部分は1年間)
施工完了後に保証期間、保証内容、免責事項などが記載された保証書をお渡しいたします。 
保証対象 リアルペイントにて塗装した箇所の塗膜の剥がれ・膨れ
保証期間 工事完了から5年間
保証内容 無償施工
免責事項
次のような場合には適用できない場合があります。

  1. 天災地変、不同沈下、火災、飛来物、異常気象等、その他予測できない不可抗力による場合
  2. 塩害、公害、火山灰、火山ガス等の特殊環境による汚染、引っ掻き等の物理的原因に起因する場合
  3. 植物や小動物等に起因する塗膜の不具合による場合
  4. 近隣の火災による塗膜の不具合の場合
  5. 下地のひび割れ幅が0.3mm以上の場合
  6. 工事対象物の構造上または設計上の欠陥、または変異や躯体素地、旧塗膜に起因する場合
  7. 指定された工事仕様書または施工要領書によらない場合
  8. 契約時の使用目的と異なる使用方法を採ったことに起因する場合
  9. 居住者または第三者の故意ならびに過失による塗膜の不具合の場合
  10. 使用者が通常予測される使用状態と著しく異なる使用をした場合
  11. 不適切な器材や薬品を用いた掃除または線上による塗膜の不具合の場合
  12. 契約当時実用化されていた技術では、予測できなかった塗膜の不具合の場合
  13. 外力による塗膜の損傷部分または施工部位・箇所以外の部分からの水などの侵入による不具合の場合
  14. 防水施工業者以外の作業者の作業(配管、設備、その他の工事)
  15. シーリング材上の塗膜およびシーリング材に起因する場合
  16. 通常の継時変化による塗膜の劣化(変色退色および塗膜のチョーキング等)の場合
  17. 当該施工部位以外の発生事故、当工事使用材料以外での発生事故に起因する場合
  18. クラック等による塗膜内部への水回りによる塗膜の剥離および変色
  19. 完了引渡後の増改築・リフォーム工事などに起因するもの
  20. その他協議により不可抗力と認められる事故

【2】「手抜き工事が発覚したら全額返金」保証

ただ単に「手抜き工事」というと人による感覚の違いもあり範囲が曖昧になってしまうため、こちらの保証では以下の項目を「手抜き工事」と認定し、それらが発覚した場合には工事代金を全額返金をさせていただきます。

ご契約内容と異なる塗料を使用
業者のなかには原価を抑えるためにご契約内容通りの塗料を使わず、勝手に安価な塗料に変えて塗装をしてしまう業者がいます。塗料の価格は種類によって大きく変わりますので、ご契約内容と異なる塗料を勝手に使用することはとても悪質です。
ご契約内容と異なる塗装工程(工程を省く)
屋根・外壁塗装は多くの場合が3回塗り(下塗り・中塗り・上塗り)です。たとえばそれを、自分の利益を上げるために塗装工程を減らし、2回塗りにしてしまう職人や業者がいます。ひとつの工程を減らすと塗膜の耐久年数が大幅に下がってしまったり、施工不良ですぐに塗膜が剥がれてきてしまったり重大な問題を起こす可能性があるので注意が必要です。

【3】「最初から最安値でお見積り提出」保証

わたし達は駆け引きが苦手ですし、正直でいたいので、最初のお見積り提出時から私たちができる最安値での価格でお見積り書を提出しています。

これまでの経験で値引き交渉をされる方とされない方がいて、値引き交渉される方にはお安くして、されない方にはそのままの価格で工事をする、ということが納得できませんでした。
また、値引きができるということは必要以上に利益を乗せているということにもなりますから、大幅な値引きができる会社は逆に不安が残ります。

上記のような理由から基本的に値引きはできませんが、お客様にとっても「本当はもっと安くできるのではないか・・」と考える必要がなくなります。

※キャンペーン時などで通常よりお得に工事ができる時がありますが、そういったイベントの際は除外させてください。

【4】「契約書なしの追加工事は一切お金をいただきません」保証

屋根塗装や外壁塗装の際によくあるトラブルのひとつが「追加工事」について。
工事完了後に突然「追加工事で○○万円です」と言われても困りますよね。

リアルペイントでは最初のお見積り書提出時から、お家を細かくチェックしてなるべく追加工事が出ないようにお見積り書を作成していますが、どうしても足場がないと見えない箇所等がある時もあります。

そうして実際に追加工事が必要となった際は、お客様にひとつひとつご説明をしご納得いただいた後に追加工事のご契約書を交わした上で追加工事の施工をします。(もちろん、ご説明をした上でお客様が「追加工事は不要」とのご判断の場合には追加工事をいたしません)

口約束ではトラブルの元になりますので、追加工事の際もご契約書を交わしています。
どのような状況でも、ご契約書を交わしていない追加工事はその分の金額は一切いただきませんのでご安心ください。

参考

外壁塗装工事トラブルで多いのが、「追加費用」の請求です。始めは安い金額を提示されていたのに、追加、追加で200万円を超えてしまったという事例もあります。

外壁塗装の相場は、一般的な大きさの家で70~100万円です。屋根塗装を行うか、どの塗料を使うかによって金額が大きく変わりますが、見積額が安すぎる場合には注意が必要です。

見積もりは低いほうが良いと思うかもしれませんが、相場よりもかなり低い場合、手抜き工事が行われるか、後で追加費用が発生する可能性が高いです。

引用元:外壁塗装の救急隊【外壁塗装工事で追加費用を請求された

まずは見積もり依頼や無料相談から

見積もり(無料)のご依頼・無料相談・建物の無料劣化診断のお問い合わせなど、以下のお問い合わせ先よりご連絡ください。
担当は左記写真の稲森です。

お電話でのお問い合わせ
053-442-0585
受付時間 9:00-18:30(日曜定休)