浜松市の外壁塗装・住宅塗装【リアルペイント】

本当にあった手抜き工事【家の塗り替え工事】

こんにちは(‘◇’)ゞ
リアルペイントの稲森です。

今日は過去に見た、手抜き塗装工事をご紹介したいと思います。

塗装業界ではよくあると言われている「手抜き工事」。

 

例えばどうやって手抜き工事をするかと言うと・・
家の塗り替え工事の場合は以下のようなことです。

  • 全部で3回塗る契約なのに2回しか塗っていない
  • 本来塗るはずの箇所を塗らない
  • 契約した塗料と異なる(より安価な)塗料を使用
  • 塗料を規定以上に薄めて使用

 

結構大きな手抜きなのですが
塗装が完了してスグは綺麗になっているので、
お客様は気付かなくて当然です。

しかし少し時間が経つと、
塗膜が剥がれてきてしまったり等の不具合が起こってきたりして、
そこで初めて気付きます。

そして、その時に塗装業者に連絡し補修依頼をしても、
そもそもが手抜きをする業者ですから、対応してくれないことも多々。。

 

ですから、家の塗り替え工事を行う際は、
ぜひ信頼できる業者をお選びくださいね。

 

まだ塗装業を始めて間もない頃、
「本当にそんな大胆な手抜きをする業者なんて、そうそういないでしょ」
と思っていたましたが、たくさんいましたよ(;O;)

 

 

話がそれましたが、
私が過去に見た手抜き工事のお話しです。

 

リアルペイントで家の塗り替えを行った時に
足場に登ってふとお隣の家の屋根を見たら、
「あれ?外壁は塗り替えされているのに、屋根だけ塗り替えされてない・・??」
という状況。

外壁の塗り替えは2年以内くらいにされている様子。
屋根は塗装するべき屋根材で、一般的には外壁塗装を行う際に一緒に塗装します。

 

職人と「なんでだろう?」と話していましたが、
よーく見たら、屋根に塗装した形跡を発見!!

「え?!もしかして屋根も外壁と一緒に塗り替えてあるのかな?!」
「塗り替えてはあるけど、既に塗膜がないように見える・・」
「これでは塗装していないのと同じじゃ・・」
「何を塗ったんだろう・・」
「どうしたらこうなるんだろう・・」

 

しかもそのお家、よくよく見たら、
足場の上からしか見えない部分(下から見えない部分)は
塗装していないのです。

横樋の上だけ、(窓の上によくある)ひさしの上だけが
塗装されていません。

 

・・本当にそこのお家の方が可哀想ですよね。

もちろん自分の家の塗装工事が手抜きされているなんて知らないでしょうし、
きっとその塗装業者からは「今回の塗装で向こう10~15年は大丈夫」等と
言われてい安心しているでしょうし、
でもこのままの屋根では10年も持たないでしょうし・・。

 

 

こういった手抜き工事に何度も遭遇してきて、
本当に普通に手抜き工事は沢山されているんだなと感じています。

 

名の売れた大きい会社でも関係ありません。
※上記の手抜き工事は、全国区の大手ハウスメーカーの家の塗り替え工事です。

 

ただ、良い塗装業者、塗装職人ももちろん沢山います(^^)

これから家の塗り替え工事をされるあなたは、
ぜひ信頼できる塗装業者をお選びくださいね!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

まずは見積もり依頼や無料相談から

見積もり(無料)のご依頼・無料相談・建物の無料劣化診断のお問い合わせなど、以下のお問い合わせ先よりご連絡ください。
担当は左記写真の稲森です。

お電話でのお問い合わせ
053-442-0585
受付時間 9:00-18:30(日曜定休)